いわき市暮らしの伝承郷
  




いわき市暮らしの伝承郷

いわき市暮らしの伝承郷のホームページへようこそ。
 いわき市暮らしの伝承郷は、先人達が暮らしの中で培い伝承してきた知恵や技術・風習など、体験を通じて気軽に学習できる施設として、平成11年7月に開園しました。
 民家ゾーンでは、江戸時代後期から明治時代初期頃の伝統的な民家が移築され、民具などと共にその当時の景観を復元展示しています。

お知らせ

【新型コロナウイルス感染拡大防止のための注意事項】
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、発熱や咳などの症状がある方は入園をご遠慮ください。
 また、園内では手指の消毒やマスクの着用、咳エチケットなどの予防対策にご協力ください。
 各種体験学習、講座、演奏会は原則として事前申込制とします。

展示のご案内

●ロビー展「続・いわきの鳥小屋今昔」
 会 期 1月9日(土)~1月31日(日)
 会 場 休憩コーナー(観覧料不要)
 内 容 昭和10年代に撮影された鳥小屋の写真、および現在の
     鳥小屋の写真などをパネルにして展示しています。
     ※本展は、11月に開催したロビー展「いわきの鳥小屋今昔」
      の展示内容を大幅にバージョンアップしたもので、前回より
      さらに見やすくなりました。

現在参加者募集中のイベント

申込先を記載していない体験学習の申込は、下記の「体験学習申込方法」をご参照ください。

体験学習「ひな人形作り」
 
日  時 2月14日(日)10:00~12:00
 会  場 休憩コーナー(観覧料不要)
 内  容 折り紙でかわいいひな人形を作ります。
 講  師 髙橋政雄さん
 参 加 費  無料
 定  員 14名
 募集期間 1月2日(土)~募集継続中
 備  考 詳しくはこちらをご覧ください。

共催事業「里山の暮らし体験⑪」
 
日  時 2月21日(日)9:30~14:00
 会  場 民家ゾーン(観覧料不要)
 内  容 囲炉裏の過ごし方
 講  師 ふる里の気のみなさん
 参 加 費  1,000円(中学生以下は500円、未就学児無料)
 定  員 20名
 募集期間 ~2月18日(木)
 申 込 先 0246-88-8552/090-8259-1577 (箱﨑さん)

館長講座⑨・⑩「西山宗因いわきの旅―『奥州紀行』を読む―
 
日  時 ⑨3月14日(日)・⑩3月28日(日)
      いずれも13:30~14:00 ※連続講座
 会  場 休憩コーナー(観覧料不要)
 内  容 俳諧談林派の宗匠で、松尾芭蕉の師匠筋にあたる
      西山宗因は、江戸時代初期の寛文2(1662)年、
      いわきの地を訪れ、長らく滞在し、その時の様子
      を『奥州紀行』に書き残しています。
      本講座では『奥州紀行』を読み、そこに書かれて
      いる当時のいわきに迫ります。
 講  師 夏井芳徳(いわき市暮らしの伝承郷館長)
 定  員 20名 両日参加できる方がお申し込みの対象です。
 募集期間 1月17日(日)~2月20日(土)


◎体験学習申込方法

平成28年度より、体験学習の申込方法が以下のように
変更になりました。

○体験学習の申込は、各体験学習開催月の前月1日~20日です。
募集期間を厳守の上、お申込みください。
申込方法※次のいずれかの方法でお申込みください。
①はがき(当日消印有効)      ②ファックス(0246-29-2235)
③電子メール(info@denshogo.jp) ④窓口へ来館 

 ※電話でのお申込みは出来ません。
記入内容※次の内容を記入の上お申し込みください。
①希望体験学習名 ②氏名(ふりがな) ③年齢 ④住所 ⑤電話番号
 ☆1通につき1名でお申込みください。
 なお、お申込みが多数の場合は、抽選となります。
 募集期間内に定員に達しない場合は、募集を継続します。

   

いわき市暮らしの伝承郷

〒970-8043
福島県いわき市中央台 県営いわき公園内

(いわき市鹿島町下矢田字散野14-16)

TEL 0246-29-2230
FAX 0246-29-2235

メールでのお問い合わせ